S&S / BLOG May 30, 2020
Text:OKAZAKI MASAHIRO
Photo:Kenta Kannae
PHIGVELが誇る名品がアップデートして復活!!当店は責任を持って愛します。 やっぱり好きだなーこのズボン。
1,330

過去2回にわたって製作したPHIGVELと当店の別注アイテム『MIL TROUSERS MOD』

ありがたいことに未だに『買えなかったから欲しい』というお客様の声を多数聞いております。※こちらに関しては後日またお知らせいたします。

さて今回、その別注の元ネタであり、僕が愛してやまないMIL TROUSERSがPHIGVELのサマーシーズンで復活し入荷しましたので改めてご紹介させていただきます。

MIL TROUSERS【GREEN】
MIL TROUSERS【BLACK】

裾まで太さをキープした、いわゆるドカンシルエットは男心を鷲掴みにします。おそらく僕が太めのボトムを好んで履くようになったのはこのパンツによるところが大きいと思います。

写真右:当店の別注アイテム

別注と改めて並べてみてもお分りいただけると思いますが、全く同じ仕様。バックシンチはついていますが、カーゴやベイカーのように特徴的なポケットやステッチを排除した、ただシンプルに太いワークパンツがMIL TROUSERSです。

だからこそ飽きずに毎日でも履いてしまうんです。

左:別注アイテム

別注は9分丈設定にしていますが、オリジナルはフルレングス。入荷後すぐに履きたかったので僕はロールアップして履いていますが、裾上げして履いてももちろん問題ありません。股下が長いので、腰履きすると少し野暮ったくなります。おへその下、腰骨より数センチあたりで履くことをお勧めします。

今回リリースされているのは、高密度のバックサテン地に特殊加工を施し、コットン100%でありながら滑らかで、やや光沢感のある生地を採用しています。個人的には今まで(過去)リリースしていたMIL TROUSERSよりも上品でさらっとしており、無骨な雰囲気だったのが少し大人になったかのようなすっきりとした印象です。

太けりゃ良いってことじゃない。履けば分かりますが決して子供っぽくならず、男臭すぎない。それって、PHIGVELというブランドが一番得意としてきた「引き算の美学」があるからこそ生み出せたアイテムではないかと思うんです。

PHIGVELと出会って僕も15年以上たちます。もちろん細かなアップデートは繰り返していますが、全く変わらない根底にあるそのセンス。それこそ僕がこのブランドを好きな最大の理由です。

濃すぎず薄すぎず、大人が履けるミリタリーワイドパンツ

過去ブログも合わせて読んでいただきこの機会にぜひ!!!

岡崎
この記事を書いたひと
岡崎 昌弘OKAZAKI MASAHIRO | sas_okazaki
1981年生まれ SLOW&STEADY 代表。18歳の時より地元の古着屋へ勤務。その後同じく県内のセレクトショップ勤務を経て2013年「SLOW&STEADY」をオープンさせる。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP