S&S / BLOG Jun 4, 2022
Text:Sato Yohei
コーディネートの幅や上品さがグッと増すであろうベストというアイテム。FRANK LEDERより今シーズン入荷した"間違いない"ベストを2型紹介しようと思います。
291

皆さんはベストを着ますか?

僕はFRANK LEDERのベストに出会わなければ一生、普段着としてベストを着ることはなかったと思います。それくらいこのブランドのベストはいつも魅力的。思わず「着たい」と思わせてくるような存在感と迫力があります。

2022春夏に当店入荷したベスト2型を今回は紹介していこうと思います。

FRANK LEDER “VINTAGE FABRIC EDITION VEST”

過去シーズンに使用された素材をパネル仕様にしたシリーズ「VINTAGE FABRIC EDITION」のワークベスト。このシリーズは楽しみにされているお客様も非常に多く僕も毎シーズンどんな生地で来るのかと心待ちにしています。

程よい重量感と荒々しさのある独自のリネン素材を使用したこのベスト。僕はこの生地の表情に一目惚れしてしまい、速攻で購入させていただきました。ポケットとボディの色合い、ボタンの存在感。さらに観察していくと裏地には別のカラーリングが…言い出せばキリがありませんが全て好きです笑。軍パンなんかとも非常に相性抜群です。

FRANK LEDER “HAND KNITTED COTTON VESTOVA WITH STONE WASHED LINEN TRIMMINGS”

毎シーズン特徴的な織柄と独自の発色が魅力的なハンドニットシリーズ。春夏に最適なコットン素材のハンドニットです。春夏用のコットンニットですのでウールが苦手な方やカチッとしたベストが苦手な人にもおすすめです。

何より、着用とともに着やすく馴染むフランクリーダーのニットは本当に一度体験して欲しいと強く思います。

ベストを着ることの是非

ベストの歴史として、もともとベストには袖があり、その下に着るシャツは現在と違って「下着」と考えられていたそうです。上着を脱いだ時に下着に相当するシャツが剥き出しになることを避けるため、ベストは紳士の必須アイテムとして着用されてきました。ベスト着用はおしゃれのための要素というよりも、むしろ公共の場でのマナーやエチケットに近い考え方だったようです。

シンプルな装いでもベストがあるだけで一気に印象を変えることができます。また、ベストを中心にコーディネートを組んでみると今までは成立しなかった組み合わせが、突然思い浮かんだりします。上着を脱ぐ機会があってもワンランク上の身だしなみが維持できる。日々のコーディネートに重みを加え、幅も広がることは間違いないのでこの機会に皆様ぜひ!

###
この記事を書いたひと
佐藤 洋平Sato Yohei |
1997年生まれ。2020年冬より SLOW&STEADY スタッフとして勤務。 人生と洋服との関係性を、日々探求する毎日。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP