S&S / BLOG Dec 1, 2018
Text:YOSHIURA KOTA
Photo:Kenta Kannae
個人的に大好きなジャケット。シーンに合わせてジャケットを選ぶ。自分が憧れた大人ってそんなイメージでした。今年の冬のみならず、何年先も付き合っていけるアイテムばかりですので、ぜひご覧ください!
544

いよいよここ徳島でも、マフラーを着用している人を見かけるほどに、寒さが本格的になろうとしています。当店も冬物が各ブランドから出揃いつつありますので、個人的にオススメなアイテムをピックアップしてご紹介させていただきます!

DEUTSCHLEDER RIB BOMBER JACKET(FRANK LEDER)

トップバッターはFRANK LEDERよりこちらのジャケット。生地は過去のブログでも書かれているFRANK LEDERの冬の定番であり、代表作であるジャーマンレザー。その生地を用いたジップタイプのブルゾンです。

2Bジャケットよりも腕周りなどは少しゆとりを持たせた形でジャーマンレザーに馴染みのない方でも、厚手のブルゾンとして真冬のコーディネートの主役となることは間違いありません。

襟や袖周りなど体に触れる部分にはグレーのリブになっており、無骨な生地ながら、着心地を損なっていないのも嬉しいポイントです。また真っ黒よりもグレーのリブがあることで幾分か柔らかい印象で、インナーやパンツを選ばず合わせられるジャケットになってます。

KENDO SHORT RIDERS(PORTER CLASSIC)

こちらもポータークラシックというブランドの代名詞とも言える、剣道着に用いる生地を使ったジャケットになります。「KENDO SHORT RIDERS」と、ライダースジャケットの形状となっておりますが、ライダースの持つ無骨な印象ではなく、鮮やかなブルーの色味と、絶妙なシルエットによって品のあるジャケットとして昇華されています。生地の持つ存在感に圧倒されがちですが、是非一度は袖を通していただきたい一着です。

生地自体も一点一点職人さんによる縫製、加工が施されていますが、ボタンも一個ずつペイントが施されています。

安易な一点物や奇抜なアイテムではなく、「職人の技術による、一目で迫力を感じてしまう生地」「独自の形状ながらも他の洋服と合わせやすいシルエット」が際立ちます。

着ていただいた方には多くを語らずとも、自然と「次の世代まで受け継いでいきたい。」そう思わせてくれるほどのジャケットだと思っています。

太畝コーデュロイ3Bジャケット(BONCOURA)

当店では不動の人気を誇るコーデュロイ素材のテーラードジャケット。ボンクラオリジナルの畝のしっかりとしたコーデュロイがジャケット1枚でも冬の寒さに負けない保温力を発揮してくれます。

コットン100%の生地ですので、ガンガン着ていただいて、やれてきた頃にカバーオールのような感覚で着ていただいても抜群にかっこいいと思います。

またこの3Bジャケットのシリーズはお子さんの学校の行事や友人の結婚式などにあわせて3ピースで購入される方も多い印象。

ジャケット、ベスト、パンツ。各アイテムそれぞれが使いやすい定番の形ですがやはり2ピース、3ピースで着た時の独特の、凛々しさのようなものもいいですよね。

C/W ENGINEER SHIRT JACKET(PHIGVEL)

最後に紹介するのは、フィグベルから昨年より継続してリリースされているシャツジャケットタイプのこの1着。

今の時期まではノーカラーのジャケットとして着るのももちろんオススメですが、これからの時期はコートやブルゾンのインナーとしても使ってもらいやすい形状です。

冬物のアウターまで手が回らなそうという方は、こちらをインナーとして使って今までの洋服のコーディネートの幅を広げるというのもオススメです。

即戦力かつ、先々まで頼れる相棒として

今回はアウターとしてメインもはれながら、一年を通して活躍する機会が多そうなジャケットタイプのアイテムをご紹介しました。

もちろん好みなどもあるでしょうが、冬のアウターとなると生地の分量などで1着の値段は比較的高額なアイテムが増えてきて、一着を選ぶのも悩みますよね。

寒さが過ぎ去った後、春先でも使えそうなアイテムばかりですので、特に初めの1着などでお考えの方は参考になれば幸いです。

洋服好きは冬が好き

店内でも「やっぱり冬が楽しい」というのはお客さんたちもよく言ってますが、紹介させていただいたジャケットも含め重ね着や組み合わせなど洋服が思う存分楽しめるシーズンです。

ちょうど僕より年上くらいの方ですと、お仕事の際はスーツを着用されたり、普段着でも「こういう場面だとジャケットは着てた方が良いかな」という考えを持たれてる方が多くなってくる気がします。

当店で立っていても、時々結婚式の二次会での洋服について相談に来られることがあります。私服も抜群にかっこいい方達ですが、シャツ+ベスト+ジャケットや、上下の2ピースで洋服を着られる様を見ていると、いつもの私服からのギャップも含めて、自分が着てるわけでも、結婚式に出るわけでもないのにワクワクしてしまいます。

今回ご紹介したのは比較的カジュアルなジャケットばかりですので、いつもの当店の洋服同様にガンガン着倒していただくのがカッコいいアイテムですが、いつもの私服としても使えて、少し自分の気合が入るような魅力、男らしさを引き立ててくれる魅力がジャケットにはあると思いますので、忘年会など人前に出ることが増えるこれからのシーズンに勝負服をお考えの方などは特にイチオシです!!

#####
吉浦
この記事を書いたひと
吉浦 康太YOSHIURA KOTA | sas_yoshiura
1995年生まれ。2017年春より「SLOW&STEADY」で勤務をスタート。靴磨きが大好き。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP