S&S / BLOG Mar 25, 2023
Text:Ueno Yuto
3月も下旬にさしかかり、いよいよ春到来といった気温になってきました。今回は、そんな暖かくなってきたこれからの季節にぴったりな洋服を紹介します。
388

皆様初めまして。2023年の1月末より店頭スタッフとして働かせていただいております、勇登 (ユウト)です。

今後、私がブログを更新することもあると思いますのでよろしくお願いいたします。読みづらい文章になってしまうこともあるかと思いますが、精一杯書いていきますので気長に見守っていただけると幸いです。

今回は、3月に入荷した2023年の春夏アイテムの中から僕が個人的におすすめしたいと思うアイテムを3点ほど紹介します。

【VETRA】PULLOVER SHIRTS

今期より取り扱い始めた新ブランドVETRAからプルオーバータイプのシャツ。リアルヴィンテージのような重みのある平織りのリネン素材で仕上げられているため、春夏は一枚でさらっと、秋冬はコートやジャケットなどのインナーにと、通年での着用が可能な汎用性抜群の一着です。着てみると思った以上にさらっとした着心地ですので真夏でも問題なくノンストレスで着用していただけます。

また、僕が個人的に好きなポイントとしては、後染めであることやハリのあるリネン素材を使用していることから、着用に伴いシワ感や色落ちなどの経年変化を楽しめるところです。経年変化が目に見えてわかるとより一層自分だけの一着になっていく感覚がする気がします。

【KLASICA】PYKE

昨年もリリースされたニットPYKEが新色とともに再登場です。今季はリネンとコットンの混紡でリネンの質感を残しつつ、コットンならではの肌触りのよさも出しており、着心地の軽い非常に使いやすい一着に仕上がっています。

シンプルでモダンな印象のあるこのニットですが、実はイギリスとフランスの間に浮かぶガンジー島で古くから愛用されているガンジーセーターが元となっています。ガンジーセーターとは17世紀ごろからガンジー島の漁師たちの仕事着として使用されていた洋服です。そのため、所々にガンジーセーターをモチーフにしたディティールが詰め込まれており、一見シンプルながら奥深いデザインになっています。

クラシックなアイテムをモダンにアレンジしたKLASICAらしさの詰まった一着です。

【KLASICA】SMOK

光沢感が強いサマーシャンブレー素材を使用したスモック。ドレスウェアーなどに使用されがちな素材をあえてラフに使うことで陰影のついた趣のある表情に仕上がっています。ワイドシルエットでありながら男女問わず使いやすくスタイリングの自由度が非常に高いアイテムです。店長始め入荷後直後から人気の高い一着です。

まとめ

S&Sで働き始めて約2カ月。短期間で何かが変わるわけではありませんし、日に日に課題が増えて悪戦苦闘する毎日ですが、1つ率直に言えるのは「楽しい」ということです。大好きな洋服に触れる日々はもちろん、来店してくださったお客様と年齢や性別の垣根を超えたつながりが本当に楽しく感じます。

今後も、こういった人の温かさに触れながら僕自身が成長していこうと思いますので皆様、改めてよろしくお願いします。今回紹介したアイテムに加え、これからまだまだ春夏アイテムが入荷してきますので皆様お楽しみに。皆様の来店を心よりお待ちしております。

##
この記事を書いたひと
上埜 勇登Ueno Yuto | sas_yuto
2000年生まれ。洋服好きが高じて2023年よりSLOW&STEADYスタッフに。洋服と向き合いつつ日々勉強中。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP