S&S / BLOG Nov 25, 2017
Text:OKAZAKI MASAHIRO
Photo:Kenta Kannae
いよいよ本日より始まった SLOW&STEADY × BONCOURA Presents 「ONE-OFF」 一つ前の記事でも触れましたが、25日より同時発売となる当店の別注アイテム「ハイゲージクルーニット」 も無事間に合いましたので、イベントへまだ足をお運びいただいてない皆様にも、別注アイテムの詳細をお伝えします。
717

素材に使用しているのはBONCOURA定番のタートルニットと同様、羊毛の中でも最高級とされるスーパーメリノ(オーストラリア羊毛)。
特徴として毛が非常に細く伸縮性があり保温性も抜群。すでにタートルで経験された方もいるかと思いますが、しっとりとした滑らかな肌触りと伸縮性の良さは、一度袖を通してしまうと病みつきになります。

SLOW&STEADY別注 BONCOURAハイゲージクルーネックセーター

今回は、そんなBONCOURAタートルネックより身幅をハーフサイズづつ大きくした上で、全体のバランスを整えていただきました。 その理由は、ジャケットのインナーにストレスなく着れ、なおかつシャンブレーなどの薄手のシャツを中に入れて着たかったから。
タートルだと上からベストやシャツなどを重ねる方も多いので、タイトなサイズ感でも良いのですが、今回のこのアイテムに関しては、もう少し幅をもたせてどんな方でも楽に着れる仕様にしました。

首元もシャツを重ねても収まりがいいように、程よく、詰まりすぎていない絶妙のバランスに。 少しのやりとりしか重ねなくても、ここまでこちらのやりたいことを具現化してくれるBONCOURAの懐の深さには毎回驚かされます。

タートル、シーマンズ同様、裏リブ仕様にすることで、着用に伴い着崩れすることも防ぎます。

BONCOURA冬の定番であり、去年別注をリリースしたシーマンズニットは自分の中でもは無くてはならないマストアイテムです。 それだけにその日のコーディネートや着用時期で大きく分けられるこのライトウェイトのハイゲージニットは、実は来年の冬に別注として提案しようかと考えていました。 ただ、ジャケットのオーダーの際に、インナーに着れるこういったニットが側にあれば、イベント自体にもっと厚みがでるんじゃないかと、今回のこのタイミングでのリリースとなりました。

冬のインナーに厚手の物を着てしまうと、動きづらく肩も凝る。店に入ったら暑いけど脱げない、でも外は寒い…。 僕を筆頭にそんな中年男性のストレスすら全て払拭し、若い世代の方、ニットが苦手な方でもカットソー感覚で着ることもできる。 ハイゲージニットと言えばイギリスのあのニット。そんな固定観念を覆すほどの素晴らしい逸品に仕上がっております。

最後に

「年末まで大人しくできるかと思ってたんですけど、ウェブを見て速攻で連絡しました」
「インナーに使えるニット探してたんで、是非お願いします」

県外の方々からも、そんな涙が出るような…(いや実際出た)沢山のお問い合わせを頂き、誠にありがとうございます。すでに本日、11月25日(土)より、WEBショップでも同時に販売を開始しております。

これは自分で自分を褒めたい!(笑)一生分欲しい。そんなニットが遂に完成です!
県内外問わず、皆様よろしくお願い致します!!!

#
岡崎
この記事を書いたひと
岡崎 昌弘OKAZAKI MASAHIRO | mshrokzk

1981年生まれ SLOW&STEADY 代表。18歳の時より地元の古着屋へ勤務。その後同じく県内のセレクトショップ勤務を経て2013年「SLOW&STEADY」をオープンさせる。

SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
RANKING月間ランキング
PAGE TOP