S&S / BLOG May 20, 2017
Text:OKAZAKI MASAHIRO
Photo:Kenta Kannae
5月16日は「旅の日」というわけで(?)あのスペシャルなゲストと共にいざ高知へ、大人の修学旅行 してきました。
958

洋服の仕事を初めてからもうすぐ20年…。
思えば、この仕事を始めてから今日まで、プライベートでの旅行など数えるほどしか行ったことがない。

若い頃は目の前のことにいっぱいいっぱいの日々で、そもそも旅行に興味も無かったというのが正直なところですが、歳を重ねるほどに知らない場所への興味や、ふと旅に出たい願望なんかがこんな僕にも涌いてきて…
これからは無理矢理にでも時間を作ろう!と決め、思い立ったが吉日、早速行ってきました。

向かうは、同じ四国でありながら一度も行ったことの無かった、高知県です。
その口実は… 僕がお世話になった大好きな先輩へ会いに行くこと。

そしてなんと、世界中を旅している スペシャルなあのゲスト・・・

そう! BONCOURA 森島さん も一緒に。
以前当店にて開催した ボンクラ祭り の際に、高知に住む僕の先輩と意気投合したこともあって、今回多忙なスケジュールの合間をぬって同行いただくことになりました。

そしてこの方が僕の先輩、今回2日間の旅をみっちりアテンドしてくれた吉本さん。
この人のおかげで洋服屋になれた、といっても過言では無いほどに僕にとって大切な先輩。

高知の旅 〜1日目〜

まずは軽く高知観光。
その後は1日かけて、アンティーク・骨董・ヴィンテージ・セレクトショップなどを徹底的に見て回る。 普通なら絶対に行かないようなお店もとりあえず見て回る。

しかも、洋服・家具・建築・おもちゃ、どのジャンルにも造詣が深い森島さんの解説付き。
僕としてはこれ以上無い有意義な時間。

夜には、先輩のお知り合いのお店を数件はしご。
先輩の顔の広さに驚きながら、とにかく美味しすぎたし、楽しすぎたし、酔い過ぎた(笑)
言わずもがな、後半記憶があいまいです。

高知の旅 〜2日目〜

2日目もとにかく回る、見る、探す!
古い物に興味が無い人には、きっと罰ゲームにしか思えないほどの内容ですが、3人ともテンションは終止高め。
その後も時間の許す限り、古い物を掘り続けて…

最後は吉本さんの奥さんのご紹介で、山奥にある極上の温泉にゆっくり浸かって疲れを癒しました。

高知の旅 〜後記〜

そんなこんなであっという間に終わった大人の修学旅行。
その土地の美味しい物を食べ、その土地の「素材」を存分に楽しみました。

地元の人でも知らないような場所にも足を運び、物や人そのひとつひとつに丁寧に情熱を持って触れようとする森島さん。 その姿はとても印象深く、そしてとても刺激的で、「オレは世界中どこ行っても一緒やで」と笑いながら何気なく語った一言も、僕のこの贅沢な2日間を象徴するかのようでした。

どんなに小さな、多くの人が見落としてしまいそうなことにも積極的に興味を抱き、とことんまで探求する森島さんのライフワークを間近で感じ 「あぁ、これこそが BONCOURA 製品のクオリティーの高さの秘密なんだろうなぁ」と改めて体感することができました。

「ゆっくり着実に、点が線になるように、人と人とが繋がってゆく」
店名にもそう込めた SLOW&STEADY という言葉がやたらと胸に響いたこの2日間。

世代も立場も抜きにして、男3人この2日間の旅は、僕にとって忘れられない経験となりました。
森島さん、吉本さん、本当に2日間お世話になりました! これからもどうぞよろしくお願い致します。

##
岡崎
この記事を書いたひと
岡崎 昌弘OKAZAKI MASAHIRO | mshrokzk

1981年生まれ SLOW&STEADY 代表。18歳の時より地元の古着屋へ勤務。その後同じく県内のセレクトショップ勤務を経て2013年「SLOW&STEADY」をオープンさせる。

SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
RANKING月間ランキング
PAGE TOP