S&S / BLOG Jul 22, 2021
Text:Sato Yohei
今日、7月22日(木)は海の日です。梅雨も終わりを迎えいよいよ夏到来。夏は快適にでもおしゃれは楽しみたい、そんなあなたにオススメのショートパンツのご紹介。
99

いよいよ本格的にショートパンツの季節がやってきました。と言いつつ、かつて僕はショートパンツってなんとなく子供っぽくて、気恥ずかしいというイメージがあり敬遠していました。しかし、少しでも涼しく過ごしたいこれからの時期に取り入れないのはなんだか損な気がして、数年前から積極的に取り入れています。

今回は、当店オススメのショートパンツを子供っぽくならない僕なりに考えた「大人の夏スタイル」をテーマにご紹介していこうと考えています。

PHIGVEL “C/L EASY SHORTS

まずは、PHIGVELよりシンプルで非常に使い勝手の良いこちらのアイテムから。コットンとリネン素材でシンプルでありながらもリネン特有のムラ感、ネップ感が独特な生地感とサラッとした肌触りが特徴です。ベルト要らずで速乾性も優れているため非常に機能的でありながらも見た目はスポーティになりすぎず上品で大人っぽい。気がついたら今年の夏はこればっかりになっちゃいそうです。

大人のショーツスタイルということで僕は、トップスに襟付きのシャツを選択してみました。ボトムスのカラーがシンプルなのでトップスはチェック柄に。MOTOのシューズや腕時計がより上品さをプラスするときには非常に役立ちます。

Shirt : PHIGVEL “BAND COLLAR CHECK LONG SHIRT” / Watch : MOTO “MOTO×VAGUE WATCH WT05

PHIGVEL “GENT’S STRIPE SHORTS”

次には、ご紹介するのは大人のエレガントがにじみ出ているこちらのアイテム。僕が思うエレガントポイントは3つあります。一つは、太番手を使用し織り上げられたコットンウール。生地感にどこか色気があること。2つ目は、三色掛け合わされた奥行きのあるストライプであること。そして3つ目は、ワンタック仕様のスラックスショートパンツであるということです。

トップスには、僕の中でエレガント代表であるFRANK LEDERのベッドリネンシャツをチョイス。「丈感のバランスを意識すべし」と以前教わったのもこのトップス選択の理由の一つでもあります。ショートパンツに対してオールドスタイルの着丈でまとまりを意識してみました。

PORTER CLASSIC “SUMMER PILE SHORTS

最後にご紹介するのは、ポータークラシックのサマーパイルショーツです。表がリネン、裏がコットンのタオル地(パイル)で柔らかく肌触りの良さ、気持ちの良さマックスです。この抜群の着心地の良さとワンポイントの手刺繍なんかが非常にポータークラッシックらしいアイテムなんじゃないかなと思っています。シンプルになりがちな夏だからこそ、このアイテムのような明るいカラーなんかは選んでみてもいいのではないでしょうか。

これに合わせたくなるのはやっぱりロールアップシャツでした。以前ブログで紹介しました、今期の新型ロールアップシャツの光沢のある生地感と相性がいいなと思っています。

まとめ

初めは、敬遠気味出会った僕ですがあれやこれやとコーディネートを考えているとさらにショートパンツが欲しくなってしまいました。

どんなアイテムでも年相応に上品に履きこなす、着こなすというのは着ている方それぞれの雰囲気に左右されるところが大きいと思いますが、少しでもショートパンツが苦手な方の参考になれば幸いです。

佐藤 洋平
この記事を書いたひと
佐藤 洋平Sato Yohei |
1997年生まれ。2020年冬より SLOW&STEADY スタッフとして勤務。 人生と洋服との関係性を、日々探求する毎日。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP