S&S / BLOG Feb 9, 2016
Text:OKAZAKI MASAHIRO
Photo:Kenta Kannae
シーズンごとに素材、柄を変えリリースされているBONCOURAスイングトップ
1,673

29-1

定番のデニム素材に加え、今回はクラシカルな印象のタータンチェックで登場。洗いをかける事で生まれるフロントジップまわりのやや波打ったような表情や、現代にフィットした抜群のサイズ感は素材を問わずマストアイテムです。

21-3

ヴィンテージにも見られる通称ドッグイヤーと呼ばれる襟は、その日の気分で立てても倒してもどちらでも。インナー次第で幅広いコーディネイトを楽しめます。

21-2

ガンガン洗えますのでシャツのように袖をロールアップすれば夏場でも問題なく着用出来ます。

前回のブログでも書いたシーマンズ、今回のスイングトップともに僕のワードローブには欠かせないアイテム。今日は何を着ようって思ってクローゼットで悩むのも洋服の楽しみ方の一つですが、「何かよく着てる」ってのが、こういったベーシックアイテムには必要不可欠だと思います。

##
岡崎
この記事を書いたひと
岡崎 昌弘OKAZAKI MASAHIRO | sas_okazaki
1981年生まれ SLOW&STEADY 代表。18歳の時より地元の古着屋へ勤務。その後同じく県内のセレクトショップ勤務を経て2013年「SLOW&STEADY」をオープンさせる。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP