S&S / BLOG Jun 13, 2024
Text:Ueno Yuto
来たる6/14より2週間、ECW SHOTO全面ご協力のもと、ビンテージウォッチ展示販売イベント「Timeless Treasures」を開催いたします。永く時を刻んできた歴史ある逸品の数々ばかりが並びます。皆さま、またとない機会となります。ぜひお越しください。
262

ECW SHOTO in SLOW&STEADY
「Timeless Treasures」

2024/06/14 (Fri) – 06/27日 (Thu) 12:00 – 20:00
@SLOW&STEADY
初日のみnoteで展開するS&S CLUB メンバー様は10時よりご覧いただけます。
————————————-

いつもありがとうございます。勇登です。

インスタグラム等では告知しておりましたが、来たる6/14より、いよいよ開催となる、
ECW SHOTO in SLOW&STEADY「Timeless Treasures」
今回は開催するイベントの詳細や経緯をお届けします。

Timeless Treasures

Timeless Treasures(時を超えた宝物)と銘打たれた今回のイベントは「ECW SHOTO」全面協力のもと、「本物のビンテージウォッチとその魅力を伝えたい」という当店が長年抱いてきた願いに応えていただく形で実現いたしました。まずはご協力していただく「ECW SHOTO」についてご説明いたします。

「ECW SHOTO」は、2017年に東京吉祥寺にて「江口洋品店・江口時計店」として創業。2024年に渋谷区松濤に移転リニューアルオープン。近年では各種メディアでの露出等もあり、ますます注目を集めるビンテージウォッチショップです。

イベント期間中(6/14~6/27)は「ECW SHOTO」厳選のビンテージウォッチを20数点ほど展示販売致します。展示販売される全ての時計はオーバーホール済み。またご購入後も「ECW SHOTO」併設の修理工房によって万全のアフターケア体制が整えられています。もちろん全て一点物となっており、イベントの名の通り、時を超えた逸品に出逢えるまたとない機会となっております。

イベントへの想い

今回、当店がこのイベントを開催するに至った大きな理由として、「お客様のコーディネートを完成に近づけたい」という想いが挙げられます。もちろん、洋服の着こなしにおいて、時計がなければ成立しないというわけでは決してありません。ただ、人それぞれが持つ個性を最大限に活かしつつ、洋服を着るうえでの品や清潔感を兼ね備えたスタイルを提案しようと思えば思うほど、時計の重要性や必要性を感じるようになりました。時計の重要性や必要性を強く感じるようになった今、本当の意味での美しさを持つビンテージウォッチをお客様に届けたいと考えています。
-S&S CLUB NOTEより抜粋-

—————————————-

当店は創業以来ずっとスタイルを打ち出すことを目標とし、実店舗での販売を行っています。その目標は11年経った今ももちろん持ち続けておりますし、県外のお客様にもホームページ他、SNS、PODCASTなどを駆使して、できる限り実店舗のリアルな雰囲気ををお届けしております。

1人1人に合わせながら確立したスタイルを打ち出す。ただ洋服を販売する場所ではなくて、自分たちと同じ目線で楽しみながら関わるみんなが成長できる空間。それこそが理想のお店だと岡崎は常日頃から口にしていますが、僕自身、店で働くようになりその真意や重要性は強く感じています。事実、僕がお客さん時代、当店のお客様と大学ですれ違う時なんかは、例え知らない人であっても、一目見てSLOW&STEADYのお客さんだとわかり、話しかけるとやっぱりお客さんだったみたいなことが多々ありました。
そういうことを体験するたび、洋服がくれた強い繋がりを感じて嬉しくなり、余計に洋服が好きになりました。
その結果、今僕はここで働いています。

最後になりましたが、このイベントにおいて僕自身が最も大事にしていることが「体験」。正直な話になりますが、僕は当店で働くまでOMEGAすら知らず、店長に驚かれたのを今でも覚えています。その時は「流石にまずい」と思い、家に帰るや否やすぐに時計を調べたのは言うまでもありませんが、知れば知るほど奥が深い世界です。

知識を超えて肉眼では見ることのできない物の裏側にある歴史背景など、時計から見え隠れする部分も含めて僕たちの心を刺激する。いうなれば、芸術品のようなもので、何も知識がない人でも名画や名曲を味わうだけで「何か凄い…」と感じる感覚に近いと思っています。その感覚を大事に持ち続け、一生かけて味わっていく、それは僕個人だけでなく時には受け継がれる、自分から子へと、子から孫へ。

魅力は語りつくせないほどありますが、語れない部分、有無を言わさぬ魅力こそ、ビンテージウォッチの本当の意味での魅力なんじゃないでしょうか。

だからこそ、今回のイベントでは実際に見て、触れて、感じて「体験」することでお客様と一緒に楽しみながら成長しようと考えております。皆さま、心震わす逸品の数々をぜひ体験してみてはいかがでしょうか。僕も皆さまと同じ目線で楽しもうと思います。

この機会に是非ご来店ください!

#######
この記事を書いたひと
上埜 勇登Ueno Yuto | sas_yuto
2000年生まれ。洋服好きが高じて2023年よりSLOW&STEADYスタッフに。洋服と向き合いつつ日々勉強中。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP