S&S / BLOG Feb 3, 2019
Text:YOSHIURA KOTA
Photo:Kenta Kannae
もはや当店では説明不要とも言える、定番の地位を獲得しているBONCOURAスイングトップを改めてご紹介。
892

その汎用性の高さで当店のお客さんには親しまれているボンクラスウィングトップ。以前別注させていただいたことなども含めて、なくてはならないアイテムです。細かいデティール説明などは過去ブログでご確認ください。

体型を選ばない形状や、他のものとのコーディネートも楽しみやすいため、お客さんのなかにも素材違い、柄違いで数枚持たれている方もいるほど、様々な場面で活躍する一枚ですので、改めてご紹介いたします。

マドラスチェック

2019春夏のニューカラーは入荷した瞬間から自分も目を奪われた鮮やかさが特徴のマドラスチェック素材を使用した一着。

BONCOURAの春夏の生地として定番となってきたマドラスチェックですが、シーズンごとに配色が違ったりするのも憎いところです。

今年はブルーをベースにイエロー、ゴールド、グリーンを効かせた配色。派手で難しそう…と敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが全体的に程よいトーンで統一されておりお客さんたちからも「着てみれば以外と馴染む」という感想をよく耳にします。

僕自身はそもそも派手な物が好きなので、色・柄物を通年通して着ています。そんな中で気づいたのは「複数の色を使ったアイテムは見た目以上に合わせやすい」ってことです。

皆様も一度お試しください。

コットンナイロン

こちらは先ほどと対照的なシンプルな一枚。

ナイロンを配合した、シャリ感の強い生地は、とても軽やかな生地ながらもしっかりと風を防いでくれます。非常に薄手でコンパクトにたためるので自転車に乗るときなどにも良さそうですね。

こちらも着込むほどに生地の変化やジッパーの波打ちなど、表情の変化を楽しめるアイテムです。

コーディネート

上記のどちらの生地も深く考えることなく、さらっと羽織れるのが特徴。そんな汎用性の高いアイテムですので様々なコーディネートが楽しんでいただけます。

マドラスチェックは柄自体が爽やかなので、爽やか過ぎるのが苦手な方はネイビーやブラックなど落ち着いたボトムスに合わせるのがオススメ。逆に夏はデニムショーツなんかでとことん爽やかにっていうのも良さそうですね。

こちらは少し大人っぽさを意識したコーディネート。無地のダークネイビーはシンプルに合わせるもよし、ネクタイなどの小物を使ってみるもよし、着こなしの幅を広げてくれることは間違いないです。

どちらの生地も、白T一枚の上からシンプルに着てももちろんOK。この懐の深さが定番たるゆえんでしょう。

真夏の日差しにも負けないマドラスチェック

個人的にはシャツジャケットやシンプルなアイテムが揃っていないと感じる方は「コットンナイロン」、すでにスイングトップやシンプルな羽織物は持っているという方は是非「マドラスチェック」にチャレンジしていただきたいと思います。

僕も単純ですからこういうインパクトのある洋服を見るとテンションが上がるし、カラフルなものを見ると元気をもらえます。笑

気は早いですが、街着だけでなく、真夏のキャンプやレジャーシーンのお供としても必ず活躍する一枚です。まだ2月ということを忘れてしまうほど、僕自身、夏が待ちきれなくなっています。

そんなわけで、共に前のめりになっていただける同志をお待ちしております。笑

#
吉浦
この記事を書いたひと
吉浦 康太YOSHIURA KOTA | sas_yoshiura
1995年生まれ。2017年春より「SLOW&STEADY」で勤務をスタート。靴磨きが大好き。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP