S&S / BLOG Aug 20, 2023
Text:Ueno Yuto
夏も終わり間近…。今回はこの夏リリースしたPainted Blankの洋服たちと共に夏を振り返りつつ、これからに向けて改めてアイテムをご紹介いたします。
418

まだまだ暑い日は続いておりますが、気づけばお盆が終わり八月も下旬。夏も終わりを迎えようとしています。終わってしまうとなれば寂しいもので、少し夏を惜しむ気持ちはありますが、来月からは秋冬。洋服好きにはたまらないシーズンですね。皆様は秋冬に向けて準備できていますか?

今回は、当店オリジナルブランドPainted Blankがこの夏リリースしたアイテムたちとともに夏を振り返りつつ、秋冬に向けてしっかり準備していきましょう!

Painted Blank “Patrick”

紆余曲折を経て7月末にリリースしたPatrick。おかげさまで残り僅かとなりました。

かく言う僕もリリースよりずっと履き続けていますが、履くたびに感動しています。どんなスタイリングにも馴染み、コーディネートをまとめ上げてくれる汎用性、上品で光沢ある質感なのにどこか無骨さもあるその表情は唯一無二と言えます。

履く人や合わせる洋服で見え方が変わるのも魅力の1つ。草木染めや墨染めのシャツと合わせてみたのですが、独特の表情のシャツと相まって非常に綺麗にコーディネートをまとめ上げてくれます。まさに1本あると安心する、「つい手に取ってしまう」そんなパンツになっています。

Painted Blank “Kimberly (Cotton_Linen ver.)”

つい先日リリースいたしましたKimberly (Cotton_Linen ver.) 。リリース直後から大好評をいただいており非常に嬉しい限りです。

Kimberly (Cotton_Linen ver.)の魅力はなんと言っても楽なのに大人びた上品さがあるところだと僕は思っています。あまりの手軽さに気づいたらつい手に取っています(笑)。サラッとした着心地は非常に気持ちよく、素肌に触れた時のチクチク感も全くありません。また、上質なインドのコットンとフランスのリネンを掛け合わせて作られた生地はしなやかでやや光沢のある表情をしており、何とも言えない魅力を引き出しています。

通年着ていただけるのも魅力の一つ。。春夏はカットソーやタンクトップの上からさらっと一枚で、冬はシャツやジャケット・コートの下に着るインナーとして、1年を通して活躍してくれます。それを可能にしているのが生地感やややゆったりとしたシルエット。一枚で着てもインナーにしても全く問題のない絶妙なシルエットバランスに仕上がっています。

Painted Blankの洋服

今回はこの夏リリースしたPainted Blankの洋服を2型、改めて紹介させていただきました。

Painted Blankの洋服は僕自身、お客さん時代からリリースの度にずっと感動しています。この夏はその感動を少しでも多くの人と共有したい、少しでも多くの人に着ていただきたい、そんな一心で過ごす毎日でした。感動を熱に変え、必死に伝えた先のお客さんの笑顔が何よりも嬉しく、さらに頑張ろうという気持ちになる。僕自身がPainted Blankの洋服を着続けるのはそういう思い出から「今日も一緒に頑張ろう」と勇気づけられるからなのかもしれません(笑)。

僕はまだまだこれからですが、これからもPainted Blankの洋服の洋服と共に道を描きながら、洋服が持つ力を信じ、洋服の魅力を多くの人に伝えていきたいと思います。

皆様もぜひ、僕やPainted Blankの洋服と一緒に未来を描いてみませんか?そんな日々を夢想しながら皆様のご来店を心よりお待ちしております。

####
この記事を書いたひと
上埜 勇登Ueno Yuto | sas_yuto
2000年生まれ。洋服好きが高じて2023年よりSLOW&STEADYスタッフに。洋服と向き合いつつ日々勉強中。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP