S&S / BLOG Jul 26, 2021
Text:SHUSAKU SAITO
4連休も落ち着き、夏物の洋服を購入されたかたも大勢いらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんた方々に向けて当店のBLOGでは珍しく洋服では無く、小物や鞄をメインにご紹介します。
383

暑さゆえにどうしても軽装になりがちな夏はどこか自分の装いに物足りなさを感じる時がありますよね。そんな時に役に立つのが小物や鞄小物類。今回は今の季節だからこそおすすめの小物をご紹介します。

CHARLIE BORROW24OZ SCOTTISH COTTON CANVAS × 5mm OAK BARK FULL GRAIN LEATHER + DUST BAG

重厚感のあるメイン素材は、水を弾くほど緻密に織り込まれた肉厚なキャンバス素材。一般的なデニム素材の厚さは約13オンスといわれているのですが、この鞄で用いたキャンバス素材の厚みは24オンスの厚みがあります。それほどまでに分厚く頑丈な生地は、馴染み柔らかくなったとしても、形崩れの心配なく経年を楽しみつつ永く使っていただけます。

重厚感のある素材の鞄のハンドルにはオークバーク(樫の木)に含まれるタンニンで鞣した極厚レザー。化学薬品を使わず、1年かけてじっくりと鞣したレザーだからこそのエイジングは魅力的ではないでしょうか。

また機能性にも長けており、手で持つだけでなく、肩にかけて持ち運ぶことも可能です。肉厚なキャンバス生地と極厚なレザーが組み合わさった正真正銘の一生使える鞄です。

PHIGVEL”ROUND TOTE BAG”

シンプルで張りのあるコットン素材のトートバッグは気兼ねなく、多くの物を持ち運べる優れもの。また、程よい厚みでビンテージライクなツイル生地と遊び心のある巾着型は暑い夏でも外出を促してくれます。

カラーリングはBLACKとIVORYの2種類ご用意しているので、服装に合わせて選択してみてはいかがでしょうか。個人的に、夏らさを感じさせるIVORYを男臭さのあるVINTAGEのパンツと組み合わせたい気分です。

また、財布や自宅の鍵などの必需品と一緒に体温調節のために薄手の羽織物などを入れて持ち運ぶと便利かもしれませんね。荷物が多くなってしまいがちな夏には丁度良い大きさのバックではないでしょうか。

MOTO”MOTO×VAGUE WATCH WT05

真夏は、半袖カットソーやシャツ1枚で外出したいと思う方が大半だと思うのですが、そんな方にこそ寂しくなった腕周りのアクセントにMOTOの腕時計は如何でしょうか。

シンプルながら、アンティークの腕時計を感じさせる立体感のある丸みと柔らかさが魅力のイタリアンカウハイドを用いたベルトは馴染みやすく風合いにも深みがありがあります。また、身につける度にツヤが出てくるので、経年変化を実感しやすい点も魅力の1つです。個人的にはベルト交換をすると長い間使えるので、自分に子供ができた際に継承したいと思える腕時計です。

MOTO”キーホルダー

一枚でも肉厚な「イタリアンダブルショルダー」を2枚貼り合わせた、贅沢で重厚感のあるキーホルダーは使い勝手もよく、レザーの経年変化もお楽しみいただけます。また、カラーリングも4色ご用意していますので、女性男性問わず贈り物としてもお喜びいただけるのではないでしょうか。個人的には、バックの中の鍵が手探りで見つけ辛い時があるので、取っ手部分が大きいこのキーホルダーがあれば瞬時に鍵を見つけることができ大変便利だと思っています。

私にとって小物や鞄とは

個人的に洋服に比べると脇役に見えてしまいがちな小物や鞄。私を含め洋服好きの皆さんは、毎日色々な洋服を身に纏いたい方が大半だと思います。その一方で、鞄や小物は長期間同じ物を身につける方が多いのではないでしょうか。だからこそ、自然と愛着が湧き、必要不可欠な存在になるのだと思います。私自身もほぼ毎日同じ小物と鞄を身につけて出勤しているのですが、今となっては無くては落ち着かないお守りのような存在です。この機会に皆様にとってのお守りを今一度確認して見るのは如何でしょうか。

まとめ

今回は、当店のBLOGでは珍しく、鞄と小物の紹介を4点させていただきました。これらの時期、帰省や旅行を計画している方やシンプルな軽装に気分が上がらない方も大勢いらっしゃると思うので、この機会に新しい鞄や小物を身につけて思う存分に夏を満喫したいですね。

斉藤修作
この記事を書いたひと
斉藤 修作SHUSAKU SAITO | sas_saito
1996年生まれ。2021年6月よりSLOW&STEADYスタッフとして勤務。洋服全般にまつわる歴史をあれこれ探究するのが趣味。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP