S&S / BLOG Nov 27, 2016
Text:OKAZAKI MASAHIRO
Photo:Kenta Kannae
そろそろ冬物も終盤です。これからアウターやジャケットを選ぶ方のためにタイプ別でおすすめアイテムをまとめてみました。
1,053
img_09472

11月も後半に差し掛かり、やっとアウター・ジャケットが着れる季節になってきました。 すでに冬物の購入を済ませた方もいらっしゃるかと思いますが、今回はこれからアウター購入をお考えのあなたへ、冬の主役を張れる当店おすすめのアウター・ジャケットをご紹介いたします。

FRANK LEDER “PLANT DYED DEER LEATHER JACKET”

img_0944 img_0947

以前の記事にも書きましたが、まず個人的にも一目惚れしたこのジャケットが当然おすすめ No.1。
裏地付きでレザーですので防風性も高くインナーやマフラーを使えば十分アウターとしても使えます。寒がりな方にとってはアウターとしての防寒性は他のアイテムに比べ落ちますが、インパクトや他にない存在感 色止めをしていないナチュラルな革の経年変化を楽しみながら冬の主役として末長く付合っていける1着。

FRANK LEDER “HERRINGBONE WOOL COAT”

img_0960 img_0973

続いても FRANK LEDER からこの1着。
柔らかな ウールヘリンボーン は着心地抜群。 FRANK LEDER らしい唯一無二のテキスタイルが温かみを与えてくれます。 膝上丈のオーバーコートですので「ロングは少し苦手」といった方でも大丈夫。インナーを選ばずに羽織れますので、汎用性も高く、冬のアウターとして十分活躍してくれます。

S.E.H.KELLY “LANCASTRIAN HEAVY MOLESKIN WORK JACKET”

img_0990 img_0984

そして S・E・H KELLY より、オリジナルモールスキンジャケット。
イギリス ランカシャーの製作所で作られた ヘビーモールスキン は厚手ながらとても柔らかくしっとりとした風合い。 肌触りもよく、機能性に優れたポケットが各所に施されています。品のある佇まいは冬のコーディネイトを大人っぽく仕上げてくれます。 特に厚手のヘビーアウターが苦手という方にはピッタリな1着です。

PHIGVEL “REVERSIBLE BOA BLOUSON”

img_0951 img_0957

続いては PHIGVEL / フィグベル からこの1着。
表はマットな質感でスポーティーになりすぎず、「割繊糸」を使用したハリ感と撥水性の高いナイロン素材。裏にはウールとアルパカで編んだボアが肌触り、保温力ともに抜群。 その日の天候やインナーによって使い分けできる リバーシブル仕様 ですので汎用性の高さも特徴。ショートタイプですのでインナーダウンの様にオーバーコートのインナーに着ても良いと思います。

BONCOURA “Pコート”

img_0994 img_1005

そして、忘れちゃならない BONCOURA / ボンクラ からは 抜群のPコート。
カシミア混のヘビーメルトンに、裏地は千鳥格子柄のコットンフランネル。ともに ボンクラ オリジナル生地を使用していますので極上の着心地と保温性は折り紙つき。 まさに100年後も難なく着用出来る BONCOURA の名作。今年のおすすめと言うより、もはや当店 冬のアウター の定番として不動の地位を確立しています。

BONCOURA “ダッフルコート”

img_1022 img_1010

最後はこちらも BONCOURA / ボンクラ から ダッフルコート。
Pコート同様、 ボンクラ オリジナルのカシミア混のヘビーメルトンを使用。Pコートに比べて着丈も長く、ゆったりとしたシルエットですので「楽に着れて洋服を選ばない」といった点だけで言えばこちらのダッフルに軍配が上がります。 ちなみに僕も昨年の寒い冬、このダッフルにどれだけ助けられたかわかりません。

まとめ

当店のセレクトで言えば、ハイテク素材や化学繊維を使っていないものが多く、重量感や防寒性だけで言えばそういった最先端のアイテムには及びません。ただ、全く寒さを感じないほどのオーバースペックなものより、ストレスにならない程度に気候を感じられたり、衣料としての重さや生地の硬さ、そして年を重ねるごとに経年してくれる素材感も含めて “冬” を感じられるアイテムを厳選しました。

冬のアウターは、年間を通しても一番高価なもの。
そして、着る期間を限定させるものだからこそ “モノ” として本当に長く使えるアイテムを厳選して欲しいと思います。

######
岡崎
この記事を書いたひと
岡崎 昌弘OKAZAKI MASAHIRO | mshrokzk
1981年生まれ SLOW&STEADY 代表。18歳の時より地元の古着屋へ勤務。その後同じく県内のセレクトショップ勤務を経て2013年「SLOW&STEADY」をオープンさせる。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP