S&S / BLOG Jul 24, 2016
Text:OKAZAKI MASAHIRO
Photo:Kenta Kannae
クローゼットに一枚は持っておきたい、夏だからこそフル活用できる『BONCOURA』有能アイテム。
1,356

IMG_7424

2014年にリリースして以降、『BONCOURA(ボンクラ)』夏の定番アイテムとして高い人気の”エンブロイショートパンツ” やや細めのシルエットと、ひざ上に設定されたレングスは、流行に左右されず幅広い年齢層の方に使っていただける一品。今回は改めてこの『BONCOURA』”エンブロイショートパンツ”の魅力をご紹介したいと思います。

ボンクラオリジナルのチノクロスに、特徴的な刺繍

IMG_7439

まず素材にはフルレングスのチノパン同様、糸から作り上げたボンクラオリジナルのチノクロスを使用しており履きこむごとに、独特のコシは残しつつ、少しづつ柔らかくなっていきます。ジッパーに至るまでボンクラオリジナルなのは、手にした際に嬉しいこだわりのひとつ。

IMG_7437

さらに『BONCOURA』”エンブロイショートパンツ”最大の特徴は、やはりボディ全体にレイアウトされている刺繍群。
中でも国旗のような形のものたちが目につくかと思いますが、こちら実は国旗ではなく、船舶間で海上通信に使用される世界共通の国際信号旗

一見コーディネイトしにくそうに見えますが、夏場のシンプルなコーディネイトにはもってこい。店頭で提案しているスタイルとしては、シャンブレーやデニムシャツ、または無地のTシャツなど、シンプルなアイテムでこの刺繍を生かすというもの。もちろんそれ以外にも、刺繍にたくさんの色が入っていますので、上着に何色を持ってきてもしっくりまとまります。

足元のコーディネートについて

IMG_7448

靴:『PHIGVEL』”モカシンシューズ”

IMG_7446

靴:『MOTO』”ローカットサイドゴア”(BURGUNDY)

靴にはどんなものを持ってきても問題はありません。ですが、個人的にはショートパンツなどの軽めのアイテムこそ、足元にはぜひ革靴を履いていただきたいと思います。サーフトランクスなどの水際で着用することを前提としたショートパンツとは違って、こちらはあくまで街履き用。ですので、あまりに軽すぎるものを足元に持ってくると、生地や刺繍に負けてしまうように思うからです。
当店のラインナップで言えば、上の写真のようなものが、刺繍の「赤」とのグラデーションで、相性抜群だと思います。

最後に

IMG_7432

ここしばらく同じようなことを何度も書いてますが、「夏は暑い」です。僕みたいにワガママボディーな男子ならなおさらです。特に湿度も高い日本の気候では「できる限り薄着で過ごしたい」というのも皆さん共通のところ。前回ご紹介した『FRANK LEDER』”ジャージカーディガン”の記事同様、夏だからこそ、それだけでアクセントになるこういったショートパンツは、持っておいても損はないと思います。

##
岡崎
この記事を書いたひと
岡崎 昌弘OKAZAKI MASAHIRO | sas_okazaki
1981年生まれ SLOW&STEADY 代表。18歳の時より地元の古着屋へ勤務。その後同じく県内のセレクトショップ勤務を経て2013年「SLOW&STEADY」をオープンさせる。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP