S&S / BLOG Jun 19, 2020
Text:OKAZAKI MASAHIRO
Photo:Kenta Kannae
中途半端な季節だからこそ洋服を楽しんで欲しい。洋服にかかわらず合理的じゃないから楽しいことって多いはずです。
873

PHIGVEL RESORT LS SHIRT JACKET

毎日の気温差が大きくて体の調子を崩しがちな方も多いんじゃないでしょうか。今回は、これからの季節にもってこいの当店一押しアイテム。PHIGVEL RESORT LS SHIRT JACKETをご紹介します。

実は、少し前に入荷していたアイテムなのですが、即完売してしまったので再入荷しました。(※今回は写真奥のTAUPEも入荷しています)

生地について

表面がなめらかで光沢がある精紡交撚糸(せいぼうこうねんし)と呼ばれる綿糸とリネンを掛け合わせた非常に軽量で薄く柔らかな生地感は7月、8月の真夏での着用も可能です。

デティールについて

サイドが大きく開いたスリットはインナーを選ばず、ざっくりと上から羽織れますので、ややオーバーサイズのインナーをきてもゴワつきもなく快適です。

夏の暑さに負けて半袖ばかり着てしまう→それでも暑くてTシャツに短パンばかりに..→洋服を着るのがめんどくさくなる

こんなルーティーンを夏場に繰り返している方も多いんじゃないでしょうか。最近、夏の暑さが我慢できるレベルではなくなってきていますし仕方ないのかもしれません。そんな時こそ、フラップのついた前立てや、ユリア樹脂ボタン。袖も自由にロールアップでき、短パンにTシャツの上からでも十分成立する。しっかりと“ジャケット”として使えるというのは、単調になりがちなこれからの季節、服好きには強い味方になってくれる一着ではないでしょうか。

中途半端を楽しむ

暑さに負けずにしっかり重ね着をしてくださいとは言いません。僕も無理です。熱中症も怖いですし..

ただ、車内移動がメインで冷房の効いた室内で過ごすのであれば、これぐらいのジャケットやシャツは着るべきだと思っています。正直、Tシャツ短パンって見ててもかっこよくないですし。

長袖のアウターから、いきなり半袖のTシャツに以降するって方の話を店でもたまに耳にします。もちろん現状の気温であれば理にかなっているのかもしれません。ただ、洋服ってこの中途半端な季節ほど楽しくないですか?四季を楽しむじゃないですが、こんな季節だからこそ自分のクローゼットを駆使して洋服を楽しんで欲しいと思います。

少し脱線しましたが、快適に洋服を楽しむためにもこのジャケットは間違いなくおすすめです。この機会にぜひ!!

岡崎
この記事を書いたひと
岡崎 昌弘OKAZAKI MASAHIRO | sas_okazaki
1981年生まれ SLOW&STEADY 代表。18歳の時より地元の古着屋へ勤務。その後同じく県内のセレクトショップ勤務を経て2013年「SLOW&STEADY」をオープンさせる。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP