S&S / BLOG Jan 26, 2024
Text:Kawami Tatuma
176

いよいよ明日となりました、SLOW&STEADY in Hyogo。イベント前日に河見の思いを綴らせていただきます。

SLOW&STEADY in Hyogo

2024.1.27.Sat❘1.28.Sun❘11:00-18:00

@haru no hikari stay & gallery-兵庫県豊岡市出石町内町69

1月から告知させていただいておりましたSLOW&STEADY in Hyogoが明日より2日間、兵庫県出石町のharu no hikariさんで開催となります。現在、オーナー岡崎とともに会場目指して移動中です。

このイベントは当店初となる関西エリアでの出店でもありますが、私河見の出身地ともあり心が躍っております。イベントは当店で働かせていただくことになった当初から僕の中でいつかできたらと思い描いていたものであり、本当に楽しみなイベントです。

僕とSLOW&STEADYとの出会い

僕は兵庫県の出石という町から進学とともに徳島へ来た僕なのですが、高校生のころから洋服には興味はありました。しかし、地元では洋服を買う場所も限られており、そもそもどんな洋服を買ったらいいのか、いい洋服とは何なのか、わからない状態でした。そんな中、大学1年生のころに先輩に紹介していただいたのが、SLOW&STEADYです。そこからは僕の洋服人生は劇的に変化を遂げました。オーナー岡崎をはじめ、先輩スタッフから自分に似合う洋服とは何か、おしゃれとは何か、いい洋服とは何かを教えていただきました。

オーナーが持つ洋服に対する圧倒的に熱い思いを受け取り、僕はSLOW&STEADYが大好きになり、今ではこうしてスタッフとして働かせていただくまでになりました。

洋服は自分を着飾るものです。毎日着用するものであり、自分を喜ばせ、奮い立たせ、時には励ましてくれるアイテムです。このような体験は、僕が経験したのはもちろんなのですが、お客様が体験される瞬間をスタッフとして目にすることがあります。洋服に込められた並々ならぬ思いやこだわりがそのかっこよさを引き立てます。

オリジナルブランド ‘Painted Blank’

これらを直に感じるのはやはり、当店のオリジナルブランド ‘Painted Blank’です。デザイン、素材などすべてにオーナーのこだわりが込められ、その思いを直接お伝えすることのできる洋服。そして、どんな背景があって作られたのかを物語ることができる洋服、それが‘Painted Blank’です。

イベント期間中は‘Painted Blank’をはじめ、ビンテージアイテムや当店のセレクトアイテムなど厳選したアイテムを販売いたします。時代に流されず色褪せることのない洋服をぜひこの機会にご覧ください。

最後に

終わりになりましたが、今回協力していただくharu no hikariさんはじめ皆様に、この場をお借りして感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

やっぱり出石やな、と思ったのはイベントに合わせて降ってきたのかと思う雪です(笑)この雪を解かすほどの熱いパワーをもって参ります!明日、明後日と皆様のお越し、心よりお待ちしております。足元にお気をつけてお越しくださいませ!

######
この記事を書いたひと
河見 竜摩Kawami Tatuma | sas_tatsuma
2000年生まれ。洋服と出会い自分自身に正直に生きていくことを決意。洋服を通して男女感や人生観などについて日々考えています。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP