S&S / BLOG Feb 10, 2024
Text:Ueno Yuto
まだまだ寒い日が続きますが、VETRAから春夏アイテムが入荷しました!どれも使いやすくVETRAらしさの溢れたアイテムばかりですので、ご紹介いたします!
218

いつもありがとうございます。スタッフ勇登です。

まだまだ肌寒い日が続いておりますが、当店にはVETRA2024SSが春一番の便りを届けてくれました。昨年の春夏から取り扱い始めたVETRAですが、その普遍的なデザインかつ上質な素材で仕上がった洋服たちは世代を超えて伝わる魅力があります。事実、昨年から今に至るまで幅広い年齢層のお客様に年齢問わず手に取っていただけており、非常に人気のアイテムばかりです。

そんな人気を誇るVETRAですが、今シーズンも例外なく、VETRAらしさが溢れた使いやすい洋服ばかりですので、ここでご紹介いたします。もうすでに完売してしまったアイテムや、残り僅かとなったアイテムも多数ございますが、皆さま、ぜひご一読下さい。

COVERALLS

まずは、不動の定番であるカバーオール。

定番であるからこそ、どこにでもあるからこそ、100年続くVETRAの経験や技術からくる貫禄があります。使われている素材もコットンリネンですので通年着れる生地感、ゆえに非常に汎用性が高く、いつ・どんな洋服にも合わせていただけます。

縁の下の力持ちのような安心感があり、こういった洋服はつい手に取ってしまいます。

WIDE STRAIGHT WORK PANTS

こちらもカバーオールに負けず劣らずの定番アイテムであるワークパンツ。

ヴィンテージのワークパンツを彷彿とさせる小さめのヒップ周りやフロントフックのディテールには。長年ワークウェアを作り続けてきたプライドのようなものを感じます。

また、個人的には凄くシルエットが魅力的な洋服でして、ストレートにストンと綺麗に落ちてくれるあたりが非常に◎。正面から見ても横から見ても非常に綺麗です。1,2回ロールアップしても綺麗に止まってくれるので、夏なんかはロールアップして足首を見せるコーディネートを組んでも良さそうだなと思いました。

まさに、どんな人にも手に取っていただきやすいパンツとなっております。

COOK JACKET

こちら、今期のVETRAの中で僕がイチオシのアイテムです。

フランスのシェフやパティシエのワークウェアとして愛用されたダブル仕様のコックジャケット。鍋掴みとしても使えるように丸く作られた袖口やポケット等のフロントデザインはそのままに、色の濃いリネンデニムの生地感は何とも言えず、まさに逸品。コットンリネンで身幅も広く、さらっと軽く羽織れるので、夏場なんかにも非常に使いやすそうな一着です。

僕は夏にTシャツの上からガッツリ袖をロールアップして着まわしたいな、なんて考えています。ガンガン着ていく中での経年変化も魅力の1つですね。

脈々と受け継がれていく洋服

当店の洋服は10年20年の永く着続けて欲しい洋服ばかり。

例え、着れなくなっても人から人へと受け渡されて行って欲しい。そんな願いを込めて僕たちはお客様に洋服を託しています。

VETRAはそんな願いに真正面から答えてくれるんです。元来、洋服は何世代にもわたって着られ続けたのだから、伝統的なフレンチワークウェアを丁寧に、硬派に作り続けているVETRAは多くの人に愛されるんでしょう。袖を通すとあの古き良きクラシカルな洋服が現代の空気をまとってそこにある。過去から現代へと洋服が受け継がれている、それを実感できるそんな洋服たちです。

皆さまも是非、店頭にて袖を通してみてください。きっと脈々と受け継がれている洋服なんだということを実感していただけます!

####
この記事を書いたひと
上埜 勇登Ueno Yuto | sas_yuto
2000年生まれ。洋服好きが高じて2023年よりSLOW&STEADYスタッフに。洋服と向き合いつつ日々勉強中。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP