S&S / BLOG Dec 19, 2021
Text:SHUSAKU SAITO
自分と寄り添い、成長してくれるアウター選び。当店がおすすめする1番の相棒候補をご紹介します。
674

今年も残すところわずかとなりました。今日はそんな年の瀬にふさわしい一着をご紹介しようと思います。FRANK LEDER VINTAGE FABRIC EDITION LOOP COAT。今季当店に入荷しているFRANK LEDERの中では1番のヘビーアウターです。

フランクリーダーが過去使用したさまざまな生地を使用し限定でリリースされる「VINTAGE FABRIC EDITION」ライン。当店では毎シーズン楽しみにしてくださっている方も多くいらっしゃいます。今回のコートは、ハウンドトゥース柄をメインにグリーンとブラウン系のパネル仕様となっています。

部位によって使い分けられているどの生地も深みと趣あるウール素材。これはFRANK LEDERの洋服全般に言えることですが、デザインの割に着用すると着やすく使いやすい。ここら辺の絶妙なバランス感もまたこのブランドの魅力の一つと言えます。

ボディーに負けない、高級感の漂うボタンもまた、全体のイメージをさらに引き締めてくれています。

肩に伝わる適度な重量感と生地の存在感がバランスよく調和していることで「他にはない一着」に仕上がっています。自分はまだ若輩なので断言はできませんが、当店に来てくださっている自分より年上のお客さんたちをみていると、年々服装がシンプルになっている気がしています。だからこそ、こういったパンチ力のアウターが全体のコーディネートに花を持たせてくれるのかもしれません。

ダブル仕様で身幅に余裕を持たせたショートコートはインナーの自由度も高く、スリムパンツでもワイドパンツでも、派手な柄物以外であれば比較的どんなアイテムとも相性良く収まってくれます。

厚手ですが非常に柔らかくて芳醇なウール素材は保温性も抜群です。

「毎年買うものじゃない」店長がアウターの説明をする際によくお客さんに伝えているこのフレーズ。自分もようやくその意味がなんとなく理解できるようになりました。年間を通して使用期間の短いヘビーアウターだからこそ、毎年少しづつ自分の体に馴染ませていく必要があり、選択肢が多すぎるとその洋服のポテンシャルを引き出せないままクローゼットに眠らせてしまう。それは本当にもったいないことだから毎年は必要ないってことなんです。

正直、自分にはまだ早いかなって思うアイテムでも、永く使うことを前提に考えれば、いつか自分の相棒と呼べるように3年、5年、10年先の自分の成長を見越して選んでも良いのかもしれません。そういう視点でお店を見渡した時、このVINTAGE FABRIC EDITION LOOP COATと目が合いました 笑。

今回はいつも以上に個人的見解が強めの文章になってしまいましたが、ずっと先を見据えたアウターをお考えの方にはこれ以上ないおすすめの一着ですのでぜひ!!

この記事を書いたひと
斉藤 修作SHUSAKU SAITO | sas_saito
1996年生まれ。2021年6月よりSLOW&STEADYスタッフとして勤務。洋服全般にまつわる歴史をあれこれ探究するのが趣味。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP