S&S / BLOG Aug 24, 2018
Text:YOSHIURA KOTA
Photo:Kenta Kannae
洋服の生地は勿論、ボタンや付属品、パッケージと細部まで抜かり無く世界観を見せてくれるFRANK LEDER。そういった姿勢も含めてファンの方も多いと思いますが、また一つ、ニクいアイテムが届きました。
457

お盆もおわり、気温も比較的穏やかな日が続きましたが、それを察したように当店でも秋冬の入荷が始まりました!

洋服を中心にバッグ、ベルトなど大量に入荷しておりますが、今回はFRANK LEDERの作る粋なアイテムのご紹介です。

FIRST DAY OF ISSUE

「FIRST DAY OF ISSUE」と銘打った、FRANK LEDERが手がける、Tシャツ、スウェット類をメインに作る別ライン。

もともと、ヴィンテージの切手を用いるなど、ブランドらしさを感じるアイテムばかりでしたが、スウェット類はさらにブランドの顔とも言えるファブリックを使用したアイテムになっています。

BED SHEET.SLEEVE PATCH

写真のスウェットの腕部分に見える白いラインは、FRANK LEDERから毎シーズン届く、ベッドリネンシリーズの生地を用いています。

エルボーパッチとしての肘部分の補強の役割というよりは、ベッドリネン特有の生地の経年変化を楽しんでいただきたいです。

ネイビーのこちらはジャージー素材で、ロンTに近い感覚。他の3型よりも薄手で今の時期から即戦力として使って頂けます。

GERMAN HOODY +DEUTSCHLEDER

当店で冬と言えば、な素材。ジャーマンレザー。

フード付きのスウェット類はそのジャーマンレザーの生地がフロント部分に贅沢に用いられています。

寒くなってくると、同じジャーマンレザーのジャケットなんかのインナーとして合わせるのも面白いかもしれません。

ジップアップのタイプは羽織り物としても重宝すること間違い無し。

今回紹介したのは全部で4種類ですが、どのアイテムも、雰囲気のあるプリントがあるためかヴィンテージの生地を用いたフランクのアイテムにも違和感なく合わせられます。店頭では、「普段スウェットは着ないけど、これだったらいいかも」という声も何度か聞きました。

随所にフランクらしいデザインが垣間見え、同ブランドで合わせる他、デニムや軍パン等、シンプルなボトムに合わせても、コーディネートに華やかさを足してくれます。

まとめ

毎シーズン面白いと思えるデザインも組み込まれながら、そのどれもが数年たった後、新品だった時よりもいい表情に変わっている。お客さんの着ているフランクの昔のアイテムを見てよく思うことです。

またそれぞれのアイテムに冒頭の写真のパッケージが付属するのですが、こちらも昔の便箋を模した物をベッドリネンとジャーマンレザーの生地で作っています。

洋服の細部までこだわり、かつ、お客さんを驚かせたり、嬉しい気持ちにさせてくれる最後の一手間まで惜しまない姿勢は、僕としても勉強になる一面です。

フランクリーダーが作るスウェット….気にならないわけがありませんよね。

###
吉浦
この記事を書いたひと
吉浦 康太YOSHIURA KOTA | sas_yoshiura
1995年生まれ。2017年春より「SLOW&STEADY」で勤務をスタート。靴磨きが大好き。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP