SLOW&STEADY > BLOG
2016-04-01 | ##
古いドイツの民族衣装を解体した生地で作られた唯一無二の存在感を放ち、今期の『FRANK LEDER』を象徴するアイテムです。
BY OKAZAKI MASAHIRO 1,114
645D3933

今期、2016S/Sの『FRANK LEDER(フランクリーダー)』を象徴する、”TRADITIONAL GERMAN PATERN COTTON BOMBER JACKET” パッと見た感じ、手に取りづらいアイテムかもしれません。店頭のお客様も 「これすごいっすね…」 というような反応なのですが、一度試着すれば意外とすんなり着られることに皆さんが驚きます。

645D3931

この記事を書き始めた時に、ちょうど10年来の友人が県外から遊びに来るとのことでモデルをお願いしました。
穿きこまれた『BONCOURA』 シンチバックと白ティー、頭には『FRANK LEDER』のハット、腰にイカツ目のウォレットチェーン、というミックススタイルが素晴らしく格好いい。
ほかを全てベーシックなアイテムでまとめるっていうのも、このジャケットをうまく着るコツのひとつかもしれません。

『FRANK LEDER』 2016S/S “WURZEL=ROOTS”

写真 4-2

ここで改めて、“WURZEL=ROOTS”(ルーツ)と銘打たれた今期の 『FRANK LEDER』 2016S/S コレクション内容を再度ご紹介。

『FRANK LEDER』 2016S/S “WURZEL=ROOTS”
今シーズンのテーマは長い旅からホームに戻る物語。あなたが生まれ、今もあなたの家族が生活をし、あなたが人間として形成された場所。ホームはあなたの核を作り、精神を育んだあなたのROOTS「WURZEL」となって存在します。
景色や方言、収穫物、植物から動物、ドイツのあらゆる地域で違いがあります。また伝統的な服装も地域地域で違いを見せます。地域別の多様性と伝統的な衣装に影響を受け、どのような生地使いの違いがあるのか、衣服のディテールの違いがあるのか、その特定の地域での着用スタイル等、ドイツ国内で10カ所の様々な地域を取り上げています。この10カ所を表現する10種類の紋章はフランク自身がスタジオで一枚一枚ハンドプリントして手縫いしてつけています。

IMG_5195 645D3946

そんな今期のテーマを象徴するかの様なこのジャケット。古いドイツの民族衣装を解体し、その生地を全面に使用することで唯一無二の存在感を放っています。シルエットは『FRANK LEDER』が定番的にリリースしている「ボンバージャケット」タイプ。身幅や腕周りをすっきりとさせたシルエットは、ワイドからナローまでどんなボトムスにも合わせやすく、テンション(締め付け)のゆるいリブは、着用時のストレスなく、インナーを選ぶことなく着ていただけます。
夏に向けて、洋服が単調になりがちなこれからの時期は特に、合わせやすく万能なシルエットでありながら、他には無いこんなジャケットが一層活躍するはずです。

645D3937

ヴィンテージブームの最終期でもあった、僕が中学生の頃(1990年代中盤)、こっそりバイトなんかしてお金を貯めて、いつもの古着屋さんに行ったら、どこのものかもわからない奇抜とも呼べるジャケットを格好よく着こなしている大人達がたくさんいました。そんな大人達に学んだ 「人と同じもの着て嬉しいの?」 っていう教えは、今も脈々と僕の中で生きています。

その教えを履き違えて、「スイスの軍パン(ヴィンテージ)にチャンピオンのリバースウィーブ、インナーにタイダイ染めのカットソー」という、もはやピースなのか何のか理解不明なコーディネートで古着屋に出向き、その大人達にさんざん笑われたことすら、今では僕の大事な財産(笑)。
けれどそんな洋服好きが、その下の世代のお手本になる…、僕自身がこんな風に学生時代に体験した「大人のお客さんが、若いお客さんを育てる」っていう光景が、この店でももっともっと生まれてくれれば、そこに立つ自分としては嬉しい限りです。

645D3964

ヴィンテージと違って、シルエットやパターンはある程度どれを着ても体にフィットするものばかりを扱っているつもりの当店ですが、今回のこのジャケットに代表される「人と違うもの」にチャレンジし、「うまく着こなしてやる」っていうガッツのある洋服好きが、SLOW&STEADYのお客さんには比較的多いような気がします。

そんな「生粋の洋服好き」にこそふさわしい、このボンバージャケット。
パンチの効いた柄だからこそ『FRANK LEDER』のパターンメイクがひときわ光る、当店猛プッシュアイテム。
ひとつ前のブログで紹介した 『SCHIESSER』 にさらっと一枚…最高です!

岡崎
この記事を書いたひと
岡崎 昌弘OKAZAKI MASAHIRO | mshrokzk
1981年生まれ SLOW&STEADY 代表。18歳の時より地元の古着屋へ勤務。その後同じく県内のセレクトショップ勤務を経て2013年「SLOW&STEADY」をオープンさせる。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
RANKING月間ランキング
PAGE TOP