S&S / BLOG Oct 6, 2019
Text:YOSHIURA KOTA
Photo:Kenta Kannae
店長はじめ、常連さんたちが毎シーズン買い足すオーバーオール。そんなに良いのって数年前から気になっていましたが、今期ついに買うことができました。オーバーオール初心者吉浦レビューをどうぞ。
396

僕が洋服を着ていて楽しいことの一つは、今までの自分と違った雰囲気になれること。

洋服に興味を持ち始めた頃なんかはなにを着ても新鮮に見えて、次はアレが着たいというのが次々わき出てきたように思います。

洋服屋になってからも多くの洋服を買わせてもらい勉強の日々は続いております。そのなかでカッコいい物、欲しいものは限りなくありますが、洋服が好きになり始めた頃と同じように挑戦出来ているだろうか、自分が着たことないものを優先的に着てみるガッツを持っているだろうか…

リトル吉浦に尋ねてみたところ「NO」との返信が返ってきました。これではダメだと思い、ずっとずっと気になっていた、だけども人生で着たことのなかった「オーバーオール」を購入するに至りました。

オーバーオールは店頭でも非常に動きの速いアイテムながら、「未知のアイテムで着方が分からない」という声も時々聞きます。

僕自身も着用を始めて間もないのですが、控えめに言っても最高の毎日です。

実は定番、オーバーオール

未知のアイテムなどと呼ばれながら、ここ数年当店ではヴィンテージをはじめ、phigvelのこのシリーズ。当店に並ぶことの多いアイテムですのでスタッフとしては未知感は薄いのですが笑。

改めて自分が着用してみて、おそらく自分でストップをかけないとこればっかり着てしまう、待ってましたとばかりに生地違いをリピート買いしてしまう人の気持ちが少しわかりました。

全面についたジッパーにより僕みたいなオーバーオール初心者にも着脱が全く苦にならないのがすこぶる嬉しいポイントです。

コーディネートとしても自分が大好きなデニムジャケットやカバーオールなど男臭い羽織り物になんせハマる。この秋の主軸のボトムとなりそうです。

生地について

シーズンによって用いる生地は違っているのですが、今期はウールギャバジンというウールとコットンを高密度に織り上げた耐久性抜群の生地を使用。デニムやキャンバスに比べて土臭さが少なく、ワークウェアながらもどこか品のある佇まいになっているのはphigvelならではかと思います。

ウールといっても生地自体は薄手ですので、春先まで着用してもなんら問題ありません。

洗濯の取り扱いについてなのですが、ウール混のため最初のワンウォッシュでサイズ感と生地の表情が変化します。洗濯機や洗剤の有無で前後しますが丈でいうと2~4cm縮みがはいり、生地は少し毛羽立ったような雰囲気になります。

僕も店長も洗濯機で水洗いをかけた物を着用していますが、現在の状態を保ちたい場合はドライクリーニングを推奨します。

まとめ

デニムやチノ、カーゴパンツ、男のパンツって長く着れるシンプルなものを求める程バリエーションは少なくなる気がします。ある程度定番物は試して、少し違った洋服の着方がしたい人等には特に勧めたい一着。

ヴィンテージのオーバーオールに比べphigvelがオリジナルで作る生地感やカラーリング、サイズ感などのお陰で、様々な洋服に合わせやすく上品なこちらはファーストオーバーオールにふさわしいのではないでしょうか。個人的にphigvelのこういった引き算にやられがちなので、苦手だったアイテムでも「phigvelが作るから挑戦してみよう」って経験があります。

それこそデニムやチノパンとは違って町中の誰でもが履いてるような洋服ではないからこそ、確実に人と差がつくアイテムです。着用を始めたばかりの僕が言うのもなんですが、メチャクチャオススメです。店頭分も残り少ないので、気になる方はお早めにご覧下さい。

写真のコーディネートのほか、僕も勉強を兼ねてインスタで着用した画像をあげていくと思うので、よろしければ合わせて見ていただければ嬉しいです。

吉浦
この記事を書いたひと
吉浦 康太YOSHIURA KOTA | sas_yoshiura
1995年生まれ。2017年春より「SLOW&STEADY」で勤務をスタート。靴磨きが大好き。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP