S&S / BLOG Aug 2, 2022
Text:Sato Yohei
日に日に気温が上がり、ストレスがたまりがちなこの季節。でも、だらしない格好はしたくない。楽で上品な大人の夏にぴったりのアイテムを見つけました。
114

今回ご紹介するのは、この夏に入荷したPHIGVELの新作オープンカラーシャツ。

大学生1年の頃、とにかく柄物のオープンカラーシャツを買っていました。テロテロのやつだったり、薄手のコットン素材の半袖のやつだったり。あのブームなんだったんだろなと今では思います。その夏は、日毎にローテーションで着たりしていました。今でも開襟シャツを見るとその日々を思い出します。笑

大学生って自由で楽しい。遊び放題。人生の夏休み。ゆっくり自分と向き合える最後の時のような気もする。

SAFARI OPEN COLLAR LS SHIRT

今回のアイテムは、レーヨンリネン素材。濃いめのブラウンカラー。

そして、長袖。もう長袖でいいのよ。

慣れてくると逆に袖がないと落ち着かなくなってきます。袖を肘くらいまでロールアップして着ると、男らしさやこなれ感、清涼感も出るので僕はこの時期でも半袖シャツを着ることはほとんどなく、薄手の長袖シャツをロールアップして着ることが多いです。日中どうにもならないくらい暑い時は、Tシャツ一枚で過ごしますね。そんな日はおそらく何を着ても暑い。半袖シャツでも我慢できなくなっていると思うんですよね。

柄物にこだわっていたあの頃

わかりやすく派手なプリントや柄の入ったアイテムは大学生以来めっきり着なくなりました。当店にそういうアイテムが少ないというのももちろんありますが、最近の僕の人生テーマは大人っぽさ。

そして、僕が今考える大人っぽさの要素は「我慢」と「余裕」

洋服に例えると、一見すると派手で注目を浴びそうな柄物に飛びつくのではなく、丁寧に一つ一つのアイテムの素材・歴史・シルエットを理解してシンプルながらも説得力のあるコーディネート。

このアイテムでいうと、真夏に特化しすぎていない生地感と色味。夏にこんな色味のブラウンのシャツなんて大人の余裕以外の何者でもないでしょ!

そして、ゆとりのあるボックスシルエットとロールアップした時の佇まいこの二つが合わさって、大人っぽさに繋がっているような気がします。一応言っておきますが、長袖は我慢ではありません。先にも述べましたが敢えての選択です。一度店頭にてご試着して体感していただけると嬉しいです。

日ごとに暑さが増して行きますが、服装がどんどんラフにシンプルになりすぎてもちょっと寂しい。上品かつ清涼感も備えたアイテム、休日のユニフォームとして是非加えていただきたいアイテムです。是非ご検討をしてみてください!

#######
この記事を書いたひと
佐藤 洋平Sato Yohei |
1997年生まれ。2020年冬より SLOW&STEADY スタッフとして勤務。 人生と洋服との関係性を、日々探求する毎日。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP