S&S / BLOG Dec 4, 2021
Text:SHUSAKU SAITO
今回は最近僕がヘビロテしているPHIGVEL"ATHLETIC HOODED SWEAT"のご紹介です。何よりもまず先にやっぱりスウェットって楽ですよね。一見どこにでもあるアイテムだからこそ、その人の洋服に対する拘りが垣間見える気がします。
445

「誰もが1度は必ず着用した事がある」と言っても過言ではないのがスウェットパーカー。「洋服で目立ちたい」という一心で大学に通っていた僕は、数多くの同級生が着ているパーカーを見て同じような格好をしていると思われたくないという幼稚な理由から嫌煙していた時期もありました。
この経験があったからこそ改めてパーカーってやっぱいいなと思えるのかもれません。そんな思い出話はこの辺にして、最近ヘビーローテーション中のPHIGVEL”ATHLETIC HOODED SWEAT”のご紹介です。

無撚糸を用いたオリジナルの裏毛素材

無撚糸とは、撚り(糸を作る際に生じるねじれ) がほととんがかかっていない糸の事を示します。そのためコットン本来の柔らかい肌触りに加えて、吸収性が高く保温性も高いといった特徴があります。気が付いたら着用してしまう着心地のよさと、程よい生地の厚み、どれをとっても痒いところに手が届くちょうど良い塩梅のきいたPHIGVELらしい一着です。

どの角度から見ても存在感のあるフード

程よく分厚く多少大きめなフードが付いている点もこちらの魅力。肉厚な生地のためパーカーが自立するので横からみても後ろからみてもシルエットが綺麗に見えます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0887.jpg

もちろん、防寒用としても頼れる一着。僕は自転車通勤なので、寒い日はボタンを閉めてフードを被っているのですが首元も耳元も暖かいので凄く助かっています。

カラーリングとシルエット

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0902.jpg

カラーリングはD.NAVYとASH GRAYの2色ご用意。僕はASH GRAYを選択したのですがインナーとしてはかなり使い易いです。ダークトーンになりがちなコーディネートの差し色としても、カーキやオリーブのアウターとも相性が良いのでかなりお勧めです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0904.jpg

シルエットは例年に比べて着丈がやや短いので、PANTSやCOATのシルエットを選ばない点も嬉しいですよね。個人的には着丈を生かして、レイヤードを考えるのに没頭中。

表地のスピーマ糸を用いたオリジナル素材はしなやかなで滑らかな風合いなので凄く品があるように見受けられます。

定番アイテムだからこそ拘りをもって

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0892.jpg

子供から大人まで愛されるパーカーというアイテムだからこそ洋服好きの本領が発揮されるのではないかと思います。『洋服は人に自信を与えてくれる』とはよく言われますが、それはデザイン性が高くわかりやすく、人と差が出るアイテムだけで無く、このパーカーのように使いやすくて気がつくと着ている相棒のような存在にも言えることです。そういった意味でも定番アイテムこそ、しっかりとこだわりを持って選びたいですよね。

この記事を書いたひと
斉藤 修作SHUSAKU SAITO | sas_saito
1996年生まれ。2021年6月よりSLOW&STEADYスタッフとして勤務。洋服全般にまつわる歴史をあれこれ探究するのが趣味。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP