S&S / BLOG Nov 22, 2016
Text:TAKEDA KAZUYA
Photo:Kenta Kannae
破れたから終わりではなく自分なりに直してでも着続けたい。古い時代からのメッセージが込められたアイテム。
1,804
20161118-img_0824

今期の PORTER CLASSIC (ポータークラシック)の中で個人的に今一番オススメしているアイテムが モールスキンシリーズ。 今期の展開は コート、ノーカラージャケット、パンツ の3種類。
夏を除くスリーシーズンに対応しており、どのアイテムも非常に使い勝手の良いアイテムに仕上がっています。

しっかり着込むことを前提に作られた、かさ張りを感じさせない仕上がり

20161118-img_0835

コート、ノーカラージャケット、パンツ 共に、まず共通して言えるのは「インディゴ」と「硫化ブラック」を用いた色落ち。
柔らかく加工されたモールスキンは非常に肌触りもよく、毛羽立ち感も絶妙そのもの。 まるで ヴィンテージフレンチワーク を彷彿とさせるカラーリングと風合いには惚れ惚れしてしまいます。

もちろん、この状態から着込んでいくことでしっかりとした経年変化も生まれます。
着心地・質感と抜群な生地から、さらに体に馴染んでいくとなればこのアイテムへの拘りや絶賛している理由、もはや手放すことのできないシリーズだと思います。

20161118-img_0836

トップスの2アイテム(コート、ノーカラージャケット)は、インナーをしっかり着込むことを前提に作られた「ゆったりとした身幅」が特長的。 正面からのシルエットは体のラインに合わせ、寄り添うように包み込むシルエット。横からは裾にかけて Aライン を描くように設計されています。
スウェットやローゲージニットのようなボリュームのあるものをインナーに着ても、かさ張りを感じさせない仕上がりです。

20161118-img_0832

同じくアームホールも広くとられており、こちらも袖通しがよく無駄なボリュームを感じません

20161118-img_0837

ノーカラージャケットはショート丈でありながら身幅のあるボックス型のシルエット。
シャツやカットソーに羽織るだけでも グンとコーディネートを高めてくれるアイテム。
コートのインナーにも、もちろん相性抜群。

20161118-img_0825

生地感と正反対に贅沢なツヤを放つ水牛ボタンもポイント。
ボリュームがありしっかりと存在感を出しています。天然素材であるが故の個体差にも楽しみを感じていただけると思います。

セットアップでも単体でも。どのコーディネートにも違和感なく溶け込む汎用性の高いパンツ

20161118-img_0818

そしてパンツですが、こちらに関してはトップスとは正反対にテーパードのかかった細身のシルエットとなります。
ただこちらも生地の柔らかさと相まって、驚く程の履き心地の良さを実感できるはず。
ドローコードを締めるだけでも使用でき、ベルトでの使用も前提としているのでしっかりとベルトループも付いています。

20161118-img_0804

どのコーディネートにも違和感なく溶け込む汎用性の高いパンツですが、もちろんセットアップでも活躍してくれます。

個人的にも PORTER CLASSIC モールスキンシリーズ は ポータークラシック らしい世界観を余すことなく盛り込んだシリーズではないかと感じています。 上記でもキーワードとして ヴィンテージフレンチワーク と言う言葉を使いましたが、1900年代初頭からの概念である「着ては直してまた着る」と言う当時の姿勢をうまく体現しているのではないかと思います。

破れたから終わりではなく自分なりに直してでも着続けたい。そう思わせてくれるような、古い時代からのメッセージが込められたアイテムたち。ぜひ体感しにいらしてください。

##
武田
この記事を書いたひと
武田 和也TAKEDA KAZUYA | ___takeee___

1990年生まれ。2015年1月より「SLOW&STEADY」で勤務をスタート。洋服について日々勉強中!

SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
RANKING月間ランキング
PAGE TOP