S&S / BLOG Jun 17, 2023
Text:Ueno Yuto
今回は雨が降り続く梅雨にこそ着ていただきたいアイテムたちを使ったコーディネートご紹介します。
240

本格的に梅雨入りし、雨が降る日も少なくない今日この頃。なかなか外に出れず、着たい洋服を着れない毎日が続いていますが、僕はそんな時だからこそ自宅や店内で悶々とコーディネートを考えています(笑)。今回は「梅雨の時期だからこそ」と梅雨を逆手に取ったコーディネートをご紹介したいと思います。

Coordinate1

【Shirt】NORTHERN IRELAND LINEN POPLIN POP OVER(S.E.H KELLY)

【Inner】CLOUDS(KLASICA)

【Pants】BOUNCE flg.1(KLASICA)

【Shoes】ALICE(JUTTA NEUMANN)

梅雨のじめじめした湿気を快適にしようと思ったら短パンは外せませんよね。KLASICAのこの短パンはリネン100%なこともあって肌触り・通気性もよく清涼感は抜群です。足元にはユッタニューマンのレザーサンダルを持ってきていることもあって非常に夏らしい組み合わせだと思います。しかし、いくらレザーサンダルとはいえ短パン×サンダルでは子どもっぽく見えすぎてしまう…。そこでトップスはドレス感のあるヘリンボーン素材を使用したカットソーの上からハリと光沢のあるリネンシャツを着ることで大人っぽさをグッと引き立たせてみました。

半袖を着るのではなく長袖をロールアップして着ることでこなれ感も演出できますね。

Coordinate2

【Hat】LIKE A KID HAT(Carres)

【Coat】80’s BURBERRY “Commuter 2” 一枚袖(VINTAGE SELECT)

【Inner】CLOUDS(KLASICA)

【Pants】Patrick(Painted Blank)

【Shoes】ALICE(JUTTA NEUMANN)

「梅雨の時期にコート?」と思う方もいらっしゃると思いますが、そんな時こそバーバリーのレインコート。このコートかなり軽くサラッと着れることに加え、上品な雰囲気を全面的に出してくれます。袖をがっつりロールアップすれば暑さも気になりません。

パンツには当店のオリジナルブランドPainted Blankの新作”Patrick” ※7月中頃発売。ガンガン履けてガシガシ洗える素材なのにどこか品のある仕上がりはまさにバーバリーとの相性抜群。全体的に品があるのでサンダルやハットで少しバランスとっています。特にコートを着た時の独特の重みなんかは素足を見せることで軽減されます。

コートは前を開けて着てもかっこいいですね。僕は基本的に自転車に乗ることが多いので自転車に乗る時や急な雨を凌ぐときは閉めて、それ以外の屋内などは開けて着ていたいです。急な雨で多少濡れてもへっちゃらなアイテムや多少濡れてしまってもガンガン洗えるアイテムを組み合わせることでまさに梅雨ならではのコーディネートとなっております。

Coordinate3

【Shirt】FARMERS STRIPED COTTON/LINEN STAND COLLAR SHIRT(FRANK LEDER)

【Inner】Tony(Painted Blank)

【Pants】Patrick(Painted Blank)

【Shoes】PLAIN TOE OXFORD SHOSE(MOTO)

このコーディネートの主役はフランクリーダーのシャツ。何と言ってもこの色味と柄がたまらない。梅雨の重たい雰囲気にあえて暗いストライプを持ってくることでより一層渋みが深まってる気がします。色味こそ重たい印象を受けますが、生地は非常に軽やかで着用時のストレスは皆無となっております。個人的にこれぞ「大人の余裕」を体現したコーディネートだなぁと思います。シャツ以外はシンプルに黒でまとめていますが、光沢のある素材や足元に革靴を持ってくることで、重くなりすぎないようにバランスを取りました。

パンツは先ほどのコーディネートにも使ったPainted Blank “Patrick”。ツルっとなめらかな仕上がりでハリのあるこのパンツはトップスのフランクリーダーのシャツの存在感に引けを取らず、「大人っぽさ」をグッと引き立ててくれています。足元の革靴もラティーゴレザーが使用されたもので雨に強くシミにもなりにくい。雨の日にも問題なく対応できる万能シューズで特に雨が多い梅雨の時期なんかにはピッタリなアイテムですね。

まとめ

今回は「梅雨の時期だからこそ」と意気込んでコーディネートを3つご紹介させていただきました。じめじめとした気温を快適にするコーディネートや梅雨の時期にこそ輝くアイテムを使ったコーディネートなど、自分で言うのもなんですがかなり幅広いコーディネートをお届けできたかなと思います(笑)。まだしばらく雨が降る日が続くとは思いますが、このブログをお読みいただいて少しでも梅雨ライフを気持ちよく過ごしていただければ幸いです。梅雨の花「紫陽花」の花言葉のように「辛抱強く」晴れ間が広がる夏を待ちましょう。

########
この記事を書いたひと
上埜 勇登Ueno Yuto | sas_yuto
2000年生まれ。洋服好きが高じて2023年よりSLOW&STEADYスタッフに。洋服と向き合いつつ日々勉強中。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP