S&S / BLOG Dec 4, 2022
Text:OKAZAKI MASAHIRO
ようやく冬らしい季節になりましたので、今回は冬の洋服において一番使用頻度の高いアイテム。当店お勧めのライトニットをピックアップして紹介します。
225

つい先日までTシャツで動いている人たちもいましたがようやく季節も冬。とはいえ室内や車内は暖房のおかげで温かくアウターは必要ない。意外と冬のコーディネートは難しいですよね。

今回はどんなアウターにも比較的合わせやすく、インナーでも一枚でも使い勝手の良い当店おすすめアイテムをピックアップしてみました。

【PHIGVEL】 WOOL LINEN ZIP UP KNIT・WOOL LINEN CREWNECK KNIT

PHIGVELが定番的に展開しているウールとリネンを使用したミリタリータイプのプルオーバーニット。 ウールとリネンを掛け合わせることで、独特のシャリ感と清涼感の中にも温かみのある表情を兼ね備えた風合いが特徴的です。適度な保温性と薄手で非常に使い勝手の良いシリーズです。

冬でもTシャツやロンT感覚で使えるニットで、一枚でも品よく収まりますので、暑がりな方や厚手のアウターを着られる場合などには最適です。

【KLASICA】D’ARCY

ややタイトに設計されたでラグランスリーブ仕様となっており非常に快適な着心地。トップ染めの48単糸と防縮ウールの掛け合わせをジャガード編機で編み上げられた素材です。二種類の糸の違いで起こる凹凸感と身体に沿うスムーズさが魅力のKLASICAらしい奥深い素材です。価格的にも抑え目で昨年から人気のシリーズです。

【Painted Blank】Kimberly

すでに大きめのサイズは完売してしまいましたが、うえ2つのちょうど真ん中ぐらいのシルエット。
「薄手がいいけど温かいものが欲しい」そんな人には最適です。こちらのアイテムに関しては、過去ブログでも詳しく書いていますのでご参考にしてみてください。

【まとめ】

毎年たくさんの洋服を見てアレコレと考えていますが、結局のところ、薄手で温かいこういったライトニットが使用頻度は一番高いきがします。アウターを毎年買う必要はないですが、こんなアイテムこそバリエーションがあっても良いのでは??

質問などは随時メールにて受け付けておりますので、サイズ感や気になることなどございましたらお気軽にご連絡ください。

####
この記事を書いたひと
岡崎 昌弘OKAZAKI MASAHIRO | at_slowandsteady
1981年生まれ SLOW&STEADY 代表。18歳の時より地元の古着屋へ勤務。その後同じく県内のセレクトショップ勤務を経て2013年「SLOW&STEADY」をオープンさせる。ブログとは別で文章形SNS『NOTE』にて洋服にまつわる記事を毎日更新しています。 『NOTE』 https://note.com/slwanstdy
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP