S&S / BLOG Feb 12, 2017
Text:TAKEDA KAZUYA
Photo:Kenta Kannae
先日、2017年待望の第1便の入荷を終えた BONCOURA からいくつかピックアップしてご紹介いたします。
1,385

春を目前に春夏アイテムが続々と当店に届いています。まさに”洋服の春一番”!
そして今回はタイトル通り、 BONCOURA (ボンクラ)2017SSの絶対に押さえておくべきアイテムをピックアップしてご紹介したいと思います。

BONCOURA デニムワークシャツ

まずは BONCOURA の新ラインナップ、デニムワークシャツ。
今までのシャツは着丈が長くタックインをすることが多かったですが、こちらはタックアウトを前提としているため着丈が短く設定されています。 デニムパンツ同様、経年変化も今から楽しみ。通年着用出来ますしサッと羽織るだけでもしっかりとサマになるので、1枚は持っておいて絶対に損にはならないアイテムです。

もちろんボタンもボンクラオリジナル。当時ワークウェアに主流として使われていた「尿素ボタン」をモデファイ。しっかりと肉厚なこちらのボタンは当時のそれと見比べても、この厚みはそうお目にかかれません。細部までしっかりとこだわり抜く、この小さなボタンからすでに BONCOURA らしさがぎっしりと詰まっています。

BONCOURA ピケパンツ

こちらも新たにラインナップに加わった「ピケ素材」を使用したパンツ。
ハリがありつつも滑らかな質感と立体的に織られた生地が特徴的で、シルエットは BONCOURA ラインナップの中で一番スリムタイプの “Z” と同型となっています。

主にワークウェアに使われる生地でありながらもしっとりと滑らかな質感が特長的。大人っぽく上品でありながら丈夫。まさに万能と言える一本に仕上がっています。

BONCOURA スイングトップ “マドラスチェック”

続いてはシーズンカラー、マドラスチェックのスウィングトップ。
落ち着いていながらも鮮やかなカラーリングは春夏の日差しを受ければさらに目に映えるのではないかと想像してしまいます。 当店でも人気のアイテムで僕自身もお気に入りのこのスイングトップは、薄手のジャケットというよりもシャツを着る感覚に近いです。ラグランになっているので動きやすさも格別、そして意外と見落としがちな利便性、それは程よくコンパクトにカバンに収まること。着ないときはクルッと丸めてカバンへ仕舞う、着ても脱いでもラフに扱える、こちらもまさに言うことなしの1枚となっています。

BONCOURA モッズパーカー “インディゴヘリンボーン”

最後はこちら、個人的に今期イチオシのインディゴヘリンボーンを纏ったモーズコート。
まずやはり何と言っても再構築されたサイズ感がたまりません。ヴィンテージのモーズコートによく見られる「日本人ではあまりにも大きすぎるサイズ感」ですが、それを払拭するこの絶妙なサイズ

冬も終わろうとしているこれからの季節には抜群のアイテムですが、今のような寒い季節でさえ厚手のニットの上から難なく着れるとなれば大きなアドバンテージになるはずです。 他のコートと比較しても誰もが軍配を上げざるを得ないポケットの収納力も◎。
例えば、僕自身が実際に入れているのは財布、タバコ、iphone2台、キーフック、ハンドローション、とこれだけのものを実際に入れても普段のストレスは一切なし。

そしてインディゴヘリーンボーン生地にも当然注目していただきたいわけですが(上の写真はワンウォッシュを入れています)僕自身 BONCOURA で一番大好きな素材。

過去の記事(BONCOURA チノクロスは日々のワードローブを強固に守る、デニムと対を成す守備の要。)でも、同生地の経年変化については触れていますが、やはりこの生地の経年変化は圧巻そのものでして、着込んで退色し、生地がしっかりと体に馴染んで柔らかくなったそのサマこそ、 BONCOURA の真骨頂だと思っています。

まとめ

2017年早々から、本当に熱い熱いアイテム群が BONCOURA より届いています。
まだまだ寒さの終わりも見えませんが、それでも春の気配は近づいています。
BONCOURA 待望の入荷とだけあって、店頭でも ものすごい熱気に包まれていますが、ひとつここは冷静に。
本当に自分が求める一着を見定めて、春に向けじっくりと育てていっていただけたら、と思います。

##
武田
この記事を書いたひと
武田 和也TAKEDA KAZUYA | ___takeee___
1990年生まれ。2015年1月より「SLOW&STEADY」で勤務をスタート。洋服について日々勉強中!
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP