S&S / BLOG Jan 6, 2019
Text:YOSHIURA KOTA
Photo:Kenta Kannae
店頭では“ジャーマン”という愛称で親しまれる当店の冬の風物詩、frank leder のジャーマンレザーシリーズ(DEUTSCHELEDER)のご紹介。新たに登場した多くのアイテム。そのどれもが魅力的ですので、改めてご紹介させていただきます。
1,326

まずはこの場を借りてですが、2019年もslow&steadyをよろしくお願いいたします。

新年の始まりということで、節目の時期。こういうときって、財布やデニム、革靴など自分が着用することで育っていくものが欲しくなるのは僕だけでしょうか。
そんなわけで今回はデニムなどと同様に末長い付き合いになるであろう、あのシリーズのご紹介です。

DEUTSCHLEDER

毎年秋冬物の入荷が始まると「ジャーマン持ってたっけ?」「何年くらい着てるの?」そんな会話が常連さん同士やスタッフの間でよく聞かれるようになります。

店頭では“ジャーマン”という愛称で親しまれる当店の冬の風物詩、frank leder のジャーマンレザーシリーズ(DEUTSCHELEDER)のご紹介です。

生地の生い立ちなどは過去のブログで詳しく説明させていただいておりますので、是非こちらも合わせてごらんください。

タイトルにあるよう、定番としての形を残しながら、今期は新型、新色をラインナップに加えてのリリースとなりました。
すでに完売してしまった型もございますが、どれも使いやすい形ばかりですので、未見の方は是非一度、ご覧ください。

DEUTSCHLEDER CARDIGAN

まずはカーディガンタイプのこちらのジャケットから。こちらは形に加えて、定番の生地よりライトオンスとなっているのが特徴です。
ダークグリーンのパイピングがアクセントになり、一枚で着用してもシンプルになりすぎないのも使いやすいポイントでしょうか。

またサイズ感も袖や肩周りなど、全体的にタイトで、コートなどのインナーとしても使える一枚となっています。

この型は生地の風合いなどは損なわず、今までのアウターとしてのジャーマンの概念を覆す一枚となっています。

DEUTSCHLEDER RIB BOMBER JACKET

先日のブログでも取り上げさせてもらったボンバージャケットと呼ばれるシルエットの一枚。
合わせるパンツの太さを選ばない形状も個人的に好きなポイント。

無骨なM-47パンツ等の太めのパンツとのコーディネート。

細身のパンツとのコーディネート。どちらの相性も良く、とにかく使い勝手の良い一着です。

DEUTSCHLEDER TROUSER

最後にご紹介するのはワイドタイプのトラウザーズ。
こちらのシルエットのパンツは今期の当店では爆発的人気といっても過言ではないほど、好評をいただきました。

ヴィンテージのワークウェアに見られるような男臭い雰囲気、ヨーロッパの品のある雰囲気を兼ね備えたフランクリーダーらしい一本。フランクリーダー同士だけでなく他の洋服との合わせやすさも◎です。

上記のように昔のヨーロッパで履かれていた、ワークウェアに近い形状ですので、少しハイウエストで履いていただくと、だぼつかず、キレイなシルエットで履いていただけます。


足元は無骨な素材感をさらに引き立ててくれるmotoサイドゴアブーツなんかが非常に相性抜群です。


こちらのブラウンカラーは今期の新色として登場したカラー。暖かみのある発色で、ヴィンテージのモールスキンパンツを思わせる佇まいです。

進化を続ける定番品

定番である2BJACKETのタイプも同様にオススメで挑戦していただきたい思いはありますが、個人的には今期の新型は、よりシーンや人を選ばずに着られるラインナップでないかと思います。

ジャケット単体で自立するほどの堅さを持つこの生地をどんどん自分のものにしていく楽しみは革製品同様に男のロマンが詰まっています笑。

あまり意識をせず好きで着ていく中で、気付いたら自分の生活の跡がエイジングとして刻まれているというのが洋服との心地良い距離感ではないかと考えています。

歴史背景なども魅力的ですが、着用の分だけ答えてくれるジャーマンレザー。まだ手に入れていない方は是非お試しください。

#
吉浦
この記事を書いたひと
吉浦 康太YOSHIURA KOTA | sas_yoshiura
1995年生まれ。2017年春より「SLOW&STEADY」で勤務をスタート。靴磨きが大好き。
SLOW&STEADYONLINE STORE
SHOP NOW
PAGE TOP